リテーナー(保定装置)って?

こんにちは!板橋エミール矯正歯科です。

矯正装置が外れた後に、”リテーナー(保定装置)”を入れるように指示されます。
「せっかく装置が外れたのに、まだ終わらないの?」・「リテーナーはいつまで使うの?」と思われる方も多いかもしれません。
今回はリテーナー(保定装置)についてお話したいと思います。

<リテーナーとは>
矯正装置を外した直後は歯の周りの骨(歯槽骨)や組織が安定していないため動きやすく、歯が元の位置に戻ろうとしてしまいます。
移動した歯が元の位置に戻ろうとする”後戻り”を防止し、安定させるために装着する装置です。

<種類>
1、プレートタイプ
取り外しができる装置で、歯の表面をワイヤーで抑え、歯の裏側をプラスチックのプレート(床)で歯列を抑えます。
見た目には前歯の表面のワイヤーのみ見えます。
2、ワイヤー固定タイプ
取り外しができない装置で、後戻りしやすい前歯の裏側に接着剤でワイヤーを固定します。
ただし、取り外しができないためワイヤーの周りに汚れが溜まりやすく、虫歯や歯肉炎のリスクが高くなるので定期的な検診やクリーニングが必要です。
3、マウスピースタイプ
取り外しができる装置で、透明なプラスチックで歯列全体を覆います。
見た目には透明で目立たないので審美的にも優れています。

<装着時間>
取り外しのできるタイプのリテーナーは、食事と歯磨きをするとき以外(1日20時間以上)は装着しましょう。
装着するのを忘れると後戻りを起こしリテーナーが合わなくなってしまうことがありますので注意しましょう。
歯の位置が安定してきたら、歯科医師の指示で少しずつ装着時間を減らしていきます。

<保定期間>
矯正期間と同じくらい(約2~3年)の保定期間が必要とされています。
後戻りのしやすさは、歯並びやお口の周りの筋肉・舌癖などの影響を受けやすく個人差があります。そのため、自己判断で保定装置の使用をやめてしまうのではなく、定期的に受診し歯科医師の判断を受けましょう。

関連記事