不正咬合の種類

こんにちは!板橋エミール矯正歯科です。

不正咬合とは、歯並びや噛み合わせが悪い状態のことを指します。
以前、なぜ噛み合わせが悪くなるのか、噛み合わせが悪いとどうなるのかをお話しました。
そして、不正咬合にはいくつか種類があり、その不正咬合の種類や症状、生活習慣等によって治療方法は変わってきます。
そこで今回は「不正咬合の種類」についてお話したいと思います。

<1、上顎前突(出っ歯)>
上顎前突は、八重歯などの不正咬合に次いで数の多い不正咬合です。
上顎が前に出ている場合だけでなく、下顎の成長不足や上の歯が前方に傾斜している場合が多いといわれています。
ある時期を過ぎても指しゃぶりが治らなかったり、爪を噛む癖のある場合、口呼吸をしていることなどが原因となることもあります。
<2、下顎前突(受け口、反対咬合)>
下顎が前に出ている状態の”下顎前突”は、不正咬合の中でも特にコンプレックスになってしまっている方の多い不正咬合です。
いろいろな歯並びの問題の中で治療や管理が最も難しいといわれています。治療に長い時間がかかることが多いので、できるだけ早めに治療を始めるとよいでしょう。
<3、叢生・八重歯>
最も多い不正咬合がこの叢生・八重歯です。
八重歯などに代表される、歯が生えてくる場所が狭くて”おしくらまんじゅう”状態になり歯並びがデコボコになってしまう不正咬合です。顎が小さく、歯が大きい場合によく起こり、指しゃぶりや舌突出癖なども叢生の原因になりえます。
<4、切端咬合>
切端咬合は、上下の前歯の先端どうしが、丁度「毛抜き」のようにぶつかっている不正咬合です。
正常な前歯の噛み合わせでは、上の歯が舌の歯に1~3mm程度覆っている状態になります。前歯の先端どうしがぶつかるように咬み合うため、前歯の先(切縁)にかかる負担が大きくなり、前歯が摩耗したり、欠けたりするリスクが高い不正咬合です。
<5、正中離開(すきっ歯)>
前歯と前歯の間に隙間がある状態の不正咬合です。
骨の中にとどまっている余分な歯が原因の場合や、上唇小帯(上唇と歯茎の間にあるスジ)の発育異常で、これが歯と歯の間に入り込んでいる場合に起こる場合があります。
<6、開咬>
奥歯をしっかり噛んでいるにもかかわらず前歯がかみ合わず、上下の前歯の間に垂直的な隙間ができている状態の不正咬合をいいます。
指しゃぶりや舌突出癖が原因となる場合があります。前歯が噛み合わないため、それが原因で食べ物が噛み切れなかったり、硬いものが苦手になってしまうこともあります。
<7、交叉咬合>
交叉咬合は奥歯の噛み合わせがずれている場合と、前歯が数本交叉していて噛み合わせがズレてしまう場合とがあります。
上下の顎のバランスが違うことなどが原因で噛み合わせが横にズレて、顔が歪んでしまったり、前歯の噛み合わせが数本逆になっていて、噛むたびに顎や歯に負担がかかったりしてしまいます。
<8、過蓋咬合>
正しい噛み合わせでは、上下の前歯は1~3mm程度重なっていて、ものを噛み切ったりと役割を果たしています。
深すぎる噛み合わせだと、上の歯の後ろの歯茎に、下の歯の先端があたるような状態になり、前歯でものを噛み切ることができず、食べるのが遅くなったり、顎の正常な発育を阻害するなどの影響がでてきます。

不正咬合は見た目の問題や虫歯、歯周病、歯の摩耗などお口の中だけに限らず、全身にも悪影響を及ぼしてくるものですし、矯正治療はどうしても期間がかかってしまうものですので、早めに治療に取りかかることをおすすめします。

関連記事