インビザラインライト(部分矯正)を用いた凸凹治療 親知らず抜歯のみ

部分矯正で抜歯なし症例症例紹介

前歯の凸凹が気になり、ホームページを見てマウスピース矯正の話が聞きたいと初診相談を受けに来院されました。
親知らずの抜歯と下顎前歯IPRと若干の歯列弓幅径拡大を実施しました。少しづつ間を開けることで、親知らずの抜歯以外は実施せずにご満足いただける結果となりました。
現在は透明なマウスピースで保定を行いながら、観察中です。ホームホワイトニングも合わせて実施されています。

年齢・性別
20代男性
治療期間
14か月:10回
抜歯の有無
左右下顎親知らず抜歯
治療費
61万(税込)
備考
下顎前歯IPRと若干の歯列弓幅径拡大
リスク・注意点
・治療後に保定装置を使用しないと、後戻りするリスクがある
・歯の移動に伴う痛みがある
・患者さまの協力がなければ計画どおりに治療が進まないことがある