小児歯科

一生健康なお口で過ごすためにはこどもの頃から歯のケアが大切です。
乳歯の虫歯は、永久歯の歯のつくりや生え方に影響を与えることがあります。
また、指しゃぶりや唇をかむ癖、口呼吸などの癖が、歯や歯並びに与える影響も少なくありません。
そもそもお口は体の入り口。体全体の健康を考えるうえで、お口のケアは欠かせないのです!
虫歯ができたから歯医者に行く、のではなく、虫歯を予防して健康なお口を保つため、定期的に通院されることをおすすめします。

お子様の歯を守るために

お子様の歯を守るためには、まず虫歯をふせぐ食習慣をつけることが大切です。
セルフケアこそが、一番の虫歯予防なのです。当院では、お子様に合わせたセルフケアをご提案し、サポートさせて頂きます。

  • 虫歯の予防処置

    シーラント…乳歯や、はえたての永久歯の溝を。フッ素入りのお薬で埋める処置です。虫歯になりやすい部分をふさぎ、虫歯を予防することができます。

  • 虫歯の進行止め

    サホライド…虫歯を機械で削る治療は、3才前後でできるようになりますが、まだ難しい時期にはサホライドというお薬を塗って、虫歯の進行を止めます。サホライドは虫歯の部分に反応して黒くなり、その部分を固める効果があります。固める分、治療の際削る量が少なくてすみ、治療をすれば黒くなった部分もきれいに治ります。

小児歯科の治療方針

大人でも、歯の治療は緊張するもの。ましてや小さなお子様が、はじめての歯科医院のはじめてのドクターに最初から治療を委ねるのは簡単なことではありません。当院では、お子様が歯科医院の雰囲気に慣れ、治療をスムーズに受けられるよう、お子様とのコミュニケーションをしっかりとることを心がけております。

TSD法

お子様が歯科医院を怖がったり泣いたりするのは、治療の「痛み」ではなく何をされるか分からない不安によるところが大きいものです。
当院では、歯科治療に不慣れなお子様の治療に当たっては「TSD法」を用いて段階的に不安を解消していきます。

TSD法とはTell、Show、Doの頭文字を指し、それぞれが以下を意味します。
■Tell・・・これから何をするのかお子様にわかるようお話をします
■Show・・・お話しした治療に使う器具を、お子様の目の前でお見せします
■Do・・・お話しし、お見せした内容をお子様にデモンストレーションします
(お子様の手の上で風やお水をかけ、吸引器で吸ってみせる等)。
このように段階をふんでお子様に治療についてご理解頂くことで、安心して歯科治療にのぞんでいただけます。

投稿日:2017-06-28 更新日:

Copyright© エミールこども歯科・矯正歯科 , 2018 AllRights Reserved.